つれずれなる日常。


センテンススプリングは地味でした

投稿者: battlegilrhs, カテゴリー: 未分類

地元の市立図書館に行った時のことです。
雑誌コーナーがあり、週刊文春が置いてありました。
普段は手に取ることのない雑誌ですが、世間を賑わすゴシップの最先端を走る雑誌とあらば、興味津々です。
手に取って読んでみることにしました。
バックナンバーも自由に読めるので、ベッキーちゃんの第一報も読みました。
感想は、文春って地味な雑誌なんだなと。
美容院なんかで見かける女性週刊誌に比べると、地味さ加減も最先端な気がします。
こんな地味な雑誌の記事を世間の方々は読んでいたのですね。
まあ、記事のインパクトに雑誌の派手さ加減は関係ないということなのでしょう。
要は、内容で勝負ということですね。
読んでみると、記事はきちんとしてました。
女性週刊誌の場合には、文書の割には情報量が少なく、尻切れトンボになっていたり、「だから?」的なタイトルが全てな記事だったりとガッカリが多いですから。
なかなか面白い週刊誌が世の中にはあるのですね。
これを機会に愛読者になってしまいそうな予感です。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

アマゾン

Powered by amaprop.net